参加
募集中

参加型トークイベント「END BAR」開催決定!

開催日: 2022.05.28

/

場所: co-lab 二子玉川

現代社会において、死にまつわる問いはなかなか表立って話される機会がありません。開催期間中には、納棺師の木村光希さん、民俗学者の畑中章宏さんが会場参加者と「死」をテーマにトークを繰り広げる対話型イベント「END BAR(エンド・バー)」を開催します。

今回ゲストとしてお迎えするのは、「おくりびと®︎のお葬式」を立ち上げ、現在のニーズに即した新たなお別れのかたちを提案し続けている納棺師の木村光希さん、そして『死者の民主主義』や『医療民俗学序説』などの著作を次々と出版し、民俗学の視点を現代社会にまで広げた新鮮な論を展開する民俗学者の畑中章宏さんのお二人です。

また、今回のイベントにご参加いただける会場参加者を募集いたします。
当日の対話の様子は、5月29日(日)17:00よりYouTubeでも配信いたします。

【概要】
トークイベント「END BAR」

日時:5月28日(土)第1回 14:00〜15:00(受付13:45)/第2回 16:00〜17:00(受付15:45)
出演:第1回 木村光希(納棺師)/第2回 畑中章宏(民俗学者)
モデレーター:塚田有那(END展キュレーター)

配信:5月29日(日)17:00〜 YouTubeにて公開
※YouTube配信はご予約不要でどなたでもお好きな時間にご覧いただけます。視聴URLは後日当ページにてお知らせいたします。

「END BAR」への参加方法

会場:co-lab 二子玉川(二子玉川ライズ内・詳細はメールでご案内します) Google Map
会場参加者定員:6名程度(応募多数の場合は抽選・5月22日までにメールにて結果を通知) 
参加費:無料
お申し込み方法:【END BAR お申し込みフォーム】よりお申し込みください。
お申し込み受付期間:5月10日(火)〜5月20日(金)


※「END展」の観覧には別途事前のご予約が必要となります。入場は無料です。
 展覧会詳細はこちらをご覧ください:https://hiraql.tokyu-laviere.co.jp/end-exhibition/
※「BAR」という名称を掲げていますが、飲食の提供はありません。

出演者プロフィール

木村光希(第1回 14:00〜15:00 ゲスト)
株式会社おくりびとアカデミー 代表取締役
おくりびとのお葬式 創業者

木村光希

1988年生まれ、北海道出身。札幌大学在学中より、父が代表を務める納棺師の会社に入社。
2013年6月、株式会社おくりびとアカデミーを設立し代表取締役に就任。同年10月、納棺師の資格付けを行うための専門機関として、一般社団法人日本納棺士技能協会を設立、代表理事となる。
2015年12月、葬祭ブランド「おくりびとのお葬式」を創業。現在、全国8店舗展開中。
著書『だれかの記憶に生きていく』(朝日出版)の他、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」などテレビや雑誌、新聞で多数活躍中。

畑中章宏(第2回 16:00〜17:00 ゲスト)
民俗学者

〈感情の民俗学〉の視点にもとづき、民間信仰・災害伝承から最先端の風俗流行まで幅広い研究対象に取り組む。
おもな著書に『柳田国男と今和次郎』(平凡社新書)、『災害と妖怪』(亜紀書房)、『天災と日本人』『廃仏毀釈』(ちくま新書)、『関西弁で読む遠野物語』(エクスナレッジ)、『21世紀の民俗学』(KADOKAWA)、『死者の民主主義』(トランスビュー)、『日本疫病図説』(笠間書院)ほか。最新刊は『医療民俗学序説』(春秋社)。

END展 死から問うあなたの人生の物語
「END展 死から問うあなたの人生の物語」メインビジュアル

↑戻る